お酒は二十歳になってから

武の井「青煌」純米吟醸は、つるばら酵母仕込という薔薇由来の酵母を使用し、香りは辛口っぽさと複数の花っぽさを感じさせ、味はまろまろっとしたゲル状、とろんとした米のワインといった雰囲気があって、辛口と甘口の両方が混ざった個性的で興味深い日本酒。 ...

武の井「つばき酵母仕込」は、東京農大花酵母研究会会員蔵の協力もあり作られたものらしく、香りは重心低く甘口白ワインのような雰囲気を持ちつつ、味は少し薄まったミードを白ワインや日本酒で薄めた感じ。非常に個性的で、とてもおいしく、常識を打ち破るの ...

2021年3月27日

武の井「古酒・お燗向き 特別本醸造 2015」は、とても個性的な山の中で数年咲き続けた花のような香りに、時間経過で七変化する味わいを持った日本酒。辛すぎず、甘すぎず、バランスが取れているが樽で熟成したかのような深みとサラッとした飲み口がおも ...

2021年3月27日

日本酒ってなんだっけ?ワインってなんだっけ?と一瞬不安になるくらいには風味が似ている所があって、フルーツワイン、ライスワインとでも言うのだろうか。お米のワインだんべ?って思った日本酒。甘いけど、たぶん世間的には辛口で、お米っぽさよりはたしか ...

2021年3月27日

清里「萌木の村」で売っていた武の井酒造の「無濾過・純米吟醸原酒」は、アルコール度数の高さからか、舌にビリビリ刺さるような酒感、花のような香りとまろやかさ、舌の上でわずかに感じる甘さ、コク、とろみ、飲み込んだあとに感じるエタノールっぽさが楽し ...