太冠「純米 生貯蔵酒」の味|さくらんぼやすももの香りに酸味&旨味系の辛口よりの食前に適した日本酒

2021年7月20日太冠|日本酒

太冠「純米 生貯蔵酒」は、香りはさくらんぼやすもものような瑞々しいフルーティーなもので、味わいは辛口系、酸味強めで甘さが酸味を抑えている感じで、喉で飲んだほうがおいしい乾杯や食前酒にちょうどよい日本酒。想像以上に飲みやすく、見た感じでは水っぽい、水のキレが良い感じ。




太冠「純米 生貯蔵酒」の詳細

商品名純米 生貯蔵酒
メーカー太冠酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:14度

精米歩合:60%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has fruity aroma, for example pineapple and apricot and cherry flesh, soft watery elegant smell, medium alcohol.

【SAKE Taste】

It tastes like hard water, rich sweet and dry, balanced acidity little, good fruit sweet and acidity on the tongue.

 

テイスティング・メモ

太冠「純米 生貯蔵酒」の香り

とてもフルーティーで、パイナップル、さくらんぼ、すもものような感じ。瑞々しいのと、華やかな香りが一緒にやってきて香りがとても良く広がってくれる。ただ香っていると香りが無くなってきちゃってアルコールっぽい香りが強くなってくる。

 

香りの束は最初は大きいけれど、吸い込みすぎると香りがなくなっちゃう感じに儚い感じがある。

 

太冠「純米 生貯蔵酒」の味

最初の一口は硬水のような舌触り、舌で転がせるとじわじわ渋みと甘さ、辛口の重厚さが出てくるけれど、舌に染み込む感じは弱く、味わいの粒粒が大きい感じがする。味の細かさが大きく、喉で飲んだほうがおいしい日本酒。

 

酸味はあるけど、米の甘さ、まろやかさとのバランスは取れているので変な感じはしない。アルコール度数は低く感じるけれど、喉で飲んだほうがおいしいので、酔いの回り方は大きい気がする。

 

太冠「純米 生貯蔵酒」の色

濁りのないうすーくしたりんごジュースくらいの明るい淡黄色で、濁りはなく、とろみもなく、水っぽい液体感。水のキレが良い。

 

体調の影響

りんごやさくらんぼのお酒という感じもあって、上顎裏側に染みる(口内炎ではない)。舌では苦味や渋味が出てくるけれど、なんか高級感ある食前酒という感じ。

 

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家