お酒は二十歳になってから

七賢「蔵出し 無濾過生原酒」の味|味も香りもりんごっぽく、コクと酸味と甘味がまろやかな日本酒

七賢「蔵出し 無濾過生原酒」本醸造は、味・香りともにりんごっぽさがあり、七賢らしいクセが印象的。辛口よりのコク・まろやかな飲み口で甘口好きな方向け。スカッとクイッと飲む感じではなく、とろんとろんしながら飲むような日本酒。




七賢「蔵出し 無濾過生原酒」の詳細

商品名七賢 本醸造無濾過生原酒 蔵出し 2021
メーカー山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:19度

精米歩合:不明

原材料名米、米麹、醸造アルコール
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「蔵出し 無濾過生原酒」の香り

ふじりんごの搾りたてジュースのような香り。米っぽさよりもりんごの飲み物のような感じ。酸味をわずかに感じ、ハジケルような瑞々しさと共にりんご果実のような風味がある。アルコールっぽさはなく、ジュースって言われても分からないかもしれない。

 

七賢「蔵出し 無濾過生原酒」の味

口当たり柔らかくコクMAX、酸味系の味わいが飲み込み終わるまでずっと酸味が続く。舌にみっちり酸味が染み込んでいく感じで少しピリピリするくらいだけど、コクと甘みが酸系のきつさを抑えてくれている。辛口という印象は少なく、シロップみたいなとろみがある甘口に近い感じ。

 

上顎でじゅわじゅわ米っぽい渋さや複雑味を強く感じる。舌全体で感じる味わいには変化はなく、七賢らしい風味のよくある生原酒というポジションは変わらず。

 

七賢らしさが前面に出ている味わいで、クセがあるといえばクセはあるが、りんご、プルーンの一部、白ぶどう、発酵させたシャインマスカットのようなそんな感じがする。特段ものすごいおいしいわけじゃないけど、個性がしっかり出ていて、おみやげにちょうどよさそう。

 

七賢「蔵出し 無濾過生原酒」の色

薄めたりんごジュースやお酢くらいの色合いで、グラスに注ぐとわずかに発泡が分かる。

 

体調の影響

1本1000円くらい、本醸造だね、という感じの香りと味。甘ったるさが口の中に残るので、好みが分かれる。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69