お酒は二十歳になってから

七賢「夏純吟 純米吟醸生酒 2021」の味|青りんご系の香り&酸味強め旨味すっきり後味まろやかな日本酒

山梨県にある酒蔵「七賢」の2021年新作「夏純吟」限定1200本を早速入手しました。青りんご系の爽やかなトップノート強めの香りに、酸味:甘味:旨味=6:2:2くらいのバランスの取れた味で、前半酸味、後半甘味と透明感がやってくるコクまろ系の日本酒。




七賢「夏純吟 純米吟醸生酒 2021」の詳細

商品名七賢 夏純吟 純米吟醸生酒 2021
メーカー山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:57%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★★

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「夏純吟 純米吟醸生酒 2021」の香り

青りんご、若干マスカット系の柔らかい香りが印象的で、生酒っぽく、七賢らしさも出ている。華やか、かつ、フルーツ系の香りがしっかり香り立ち、非常にきれいな香りで上品。クセもなく、嫌な感じもないのでゆったり飲みたい時にちょうどいい。

 

七賢「夏純吟 純米吟醸生酒 2021」の味

きれいな酸味があって、強すぎず、甘すぎず、酸味よりながらも旨味と甘味の割合が6:2:2くらいでちょうどいいバランス。海沿いや山からの景色を半袖で眺めながら飲むのに向いている感じで、カクテルグラスで飲んでもいいくらいの爽快感がある。

 

口当たりは酸味・旨味、舌で転がしているうちに甘味だけ残るようになっている。味の細かな粒子は感じなかったけど、総じて面として味がやってくるのですっきり感があっていい。

 

七賢「夏純吟 純米吟醸生酒 2021」の色

銀色系の淡黄色でカクテルと言われてもわからないくらいの透明感と色合い。

 

体調の影響

まさに夏にピッタリのベストな日本酒。とにかく飲みやすくて、延々と飲んでいられて、悪酔いしない。酸味が強く感じるけど、後半きれいな甘味になるのですごくいい。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69