お酒は二十歳になってから

七賢「王戎」純米大吟醸生酒の味|フルーティーな香りに辛口・酸味・酒っぽさを全部混ぜている感じ

2021年3月27日

七賢「王戎(おうじゅう)」純米大吟醸生酒は、「大中屋 斗瓶囲い」用の日本酒の生酒で、非常に香りが強くて、甘さ、辛さ、スパイス感のある舌触りに、りんごとパイナップルの風味をどこかに感じるようなフルーティさがあって、酸味が舌を驚かして、全体のバランスが取れている。好みは分かれそうだが、うまい以外の言葉は見当たらない。




七賢「王戎」純米大吟醸生酒の詳細

商品名王戎 純米大吟醸生酒
メーカー七賢|山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:

精米歩合:37%

原材料名米、米麹
公式サイトhttps://www.sake-shichiken.co.jp/
個人的な評価★★★★★

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「王戎」純米大吟醸生酒の香り

香りがものすごく強く、フルーティな気配を持っていて、どっかにりんご、どっかにパイナップルの香りがあって、でも日本酒のお米の甘さがメインになっていた。香りはきれいに、やさしく、華やか、爽やかに甘口っぽい感じだったが、見た目に騙されてはいけないということだろう。

 

味を先に言ってしまえば、好みが分かれそうな日本酒。確かにうまいが、味わいが多方面に手を伸ばしていてバランスはいいけど、良いところ全部持ってる優等生みたいな感じで、どこか日本酒らしい雑味や渋みがいて、結局バランスが取れてしまっている。

 

七賢「王戎」純米大吟醸生酒の味

香りがものすごく甘さを出しているけれど、飲むとしっかりずっしり辛口と酸味がこんにちはしてきて、SAKE出会ったことを思い出させた挙げ句に一気に酔いを回そうとしてくるが、俺には効かねぇぜ。アルコールっぽく感じる味わいは、酸味や甘い香り、スパイスっぽい、ミネラルっぽい舌触りのピリピリする感じが合わさって強く感じるけど、これは贅沢な味というべきかな。

 

味も香りも強い上に、香りは甘くて、味は辛口めで、でも、しっかりバランスが取れていて、うまいことまとまっている生酒。七賢では火入れは1回のみ、瓶詰めしてからのみしているとのことだったが、生酒はその火入れがないもので、まだ酵母の影響があるんだろう。いろんな味わいがあって、空間まるごと醸された感じ。

 

七賢「王戎」純米大吟醸生酒の色

若干黄色を感じたが、気づいた時には飲み干していた。なので、無色透明。とろみはあったが、飲んだあとのインパクトや残り香、味わいから、完全に主役の日本酒である。

 

体調の影響

七賢の酒蔵で飲んだ。「大中屋 斗瓶囲い」と比べると香りはたしかに強くて、甘さもあったけど、透明感は減って、自然的な、人間的な深みを感じさせるものだった。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69