お酒は二十歳になってから

七賢「天鵞絨(ビロード)の味」の味|アルコール濃すぎて飲みにくかった【ハードボイルドな味】

2021年3月27日

個人的にはアルコールっぽさが強くてあまりおいしくなかった。がつんと酔うためのお酒という感じで、名前由来のビロードの味を感じられるようなことはなかった。どっちかというとよく切れる名刀といった所。共感覚では赤は浮かばなかった。酔いたいときには良いと思う。




七賢「天鵞絨(ビロード)の味」の詳細

商品名七賢 天鵞絨の味
メーカー山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:57%

原材料名米・米麹
公式サイトhttps://shop.sake-shichiken.co.jp/
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「天鵞絨(ビロード)の味」の香り

日本酒っぽい甘くて芳醇な香りとともにアルコールの香りがだいぶ強くいる気がする。スピリッツ、リキュールというか、アルコールガツンと入ってます感が強くて「THE SAKE!!!YEAH!!!」って感じがする。

 

吟醸香がどうのこうの裏面に書かれているが、これだったっけ?感がある。日本酒が嫌いな人におすすめできる感じの香りではないが、日本酒にしては普通の香りだろう。

 

この香りは、余計なものは寄せ付けない、どこか高級感すら感じる強い香りで、もはや清々しいアルコールっぽさ。酒臭さ。シンプルな透明感があって、「SAKE IS ALCOHOL!!!」感があっぱりある。酔っ払いやがれこの野郎、と言われている気もするほど。

 

七賢「天鵞絨(ビロード)の味」の味

辛口といえば辛口だけど、軽くてすっきり、軽快なシャンとした感じの味わいでまぁまぁ飲める感じ。アルコール度数は15度あるのに、それを感じさせない感じがなかなかおもしろいし、酔ったと思いきや、酔ってないみたいな感じになってる。

 

舌に当たったときはまろやかで優しくて、コクがあって「飲みやすいだろぉ?」って見せかけて後から「アルコールまとめて通りまーす」って感じで飲む時にきっつい感じになる。これはハードボイルドだ。

 

味に関していえば、見た目はかわいらしい清楚系の着飾った子猫ちゃんて感じだけど、当ててるCVは大塚明夫さんとか中田譲治さんとかになってる感じ。去り際のアルコールのあいさつがやたらダンディー。本当の意味で大人向けの味。

 

色は限りなく銀色、刀やよく切れるナイフって感じ。切れすぎてしばらくは切られたことに気づけない感じのそれに近い。アルコールっぽさのインパクトが強すぎる。

 

七賢「天鵞絨(ビロード)の味」の色

淡く、優しい感じの透き通った黄色。色は黄色だけど、感じ取れる共感覚、味は銀色なので違和感はあるが、そのギャップがむしろいい?

 

ほぼ透明で、濁りはなく、向こうが透き通って見える。けれど、もしかしたらこの黄色はハードボイルドなダンディおじさまの葉巻のヤニの色?って思う感じ。ウイスキーと一緒に並んで出てきても違和感ないくらいなクセがある。味は日本酒だけどね。

 

体調の影響

食後に飲むよりは、食事中に天ぷらとか何かと合わせたら良いと思う。筋肉痛だとなんか楽しめない、疲労感とともに飲むタイプのお酒ではないね。

 

寿司は合わない。そばもうどんも合わない。脂っこい何かシャリシャリ食べれるものに合わせたい。あとビーフジャーキーとか赤みの肉。

 

鮭とばとかそういう乾物系のおつまみは合いそうだけど、個人的にはそもそも好きな味じゃない気がする。私だったら、この一本は贈り物にはしない。デイリーワインならぬデイリー日本酒、または、料理に使うといい味出しそうな気がする。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69