七賢「風凛美山」の味|酸味強めでフルーツ系甘み中程度のちょいクセありだが飲みやすい日本酒

2021年7月20日七賢|日本酒

七賢の「風凛美山 純米」白州の名水仕込みを飲んでみましたが、酸味が強めで、甘い味と香り、結構人を選びそうな日本酒でした。飲みやすいですが、酸味がクセになっていて、苦手だぁ、これぇってなる人多いかもしれません。すっきり感はないけど、ネッチョリした酸味って感じでした。




七賢「風凛美山」の詳細

商品名風凛美山 純米
メーカー七賢|山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:70%

原材料名米(ひとごごち、あさひの夢)、米麹
公式サイトhttps://shop.sake-shichiken.co.jp/products/21
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has clear sweet aroma, for example sugar from apple, balanced acidity from apple, sweet syrup.

【SAKE Taste】

It tastes like strong acidity from fresh apple, little sweet mild mellow, almost blanc wine acidity by chardonnay, balanced fruity sweet.

 

テイスティング・メモ

七賢「風凛美山」の香り

丸みを感じる透き通った日本酒らしい甘さがある香り。残り香が弱い感じで、おそらく覚えにくい香りと味。スッキリした弱めのマスカット風の香りで、アルコール臭が少し目に染みる。

 

七賢「風凛美山」の味

酸っぱい。というよりは、酸刺激が口全体に広がる。香りにはなかったが、味わうと若干青りんごっぽい優しい味の粒子が透き通る。

 

甘みが少々、米っぽい味の粒子があって奥行きを感じる。日本酒っぽい甘さはあるにはあるが、酸味が強くて、甘みと酸味が合わさってクセっぽい後味が残る。

 

舌の先端のあたりで酸味が刺さるんだけど、できれば舌の奥の方まで日本酒っぽさが残って欲しいのに、残らない。スーッと流れていってしまう。アルコール感はあり、喉でアルコールが回ってくる雰囲気がある。

 

七賢「風凛美山」の色

透明感はある、結構な黄色。白ワインっぽいと言えばそうだけど、なんか日本酒っぽい黄色ではなく、ワインっぽい黄色。ブルゴーニュ系の瓶に入ってる白ワインの黄色。ボルドー系の黄色じゃねぇかな。

 

体調の影響

疲れているときにはおすすめできない。変な酔い方しそう。

 

追記(2021.03BG)

初めて飲んだときと味が変わっている気がした。2021年3月BG版の風凛美山は、酸味と甘味はまだ両方不思議なタイミングで舌にのってくるけど、断然さっぱり、軽やかに飲みやすくなっている。

 

純米酒にしては、こっそり純米吟醸っぽい風味が隠れていて、お米っぽさ、穀物の白い所感がある。とても勉強になりました。

 

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家