お酒は二十歳になってから

武田神社の御神酒「菱和誉」の味|清廉な清酒・お神酒【王道の日本酒】

2021年3月27日

武田神社で購入できる日本酒。御神酒。まさに御神酒といった味わいで、飲んで味わってするようのものではないが、奥深さと伝統的な刀のような重さにも似た何かを感じる。非常においしく、シンプルに日本酒の大事なところをまとめた感じ。




武田神社の御神酒「菱和誉」の詳細

商品名御神酒「菱和誉」
メーカー太冠酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:70%

原材料名米・米麹
公式サイト

http://www.takedajinja.or.jp/5_ryouwa.html

http://www.taikan-y.co.jp/

個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

 

テイスティング・メモ

武田神社の御神酒「菱和誉」の香り

エタノール感の強い香りに薄い米っぽさを感じる鋭角な香りがする。ビシッと引き締まっていて、アルコールによる緩さもわずかに感じる。香りはほとんどなく、口の広い酒器で飲めばほとんど感じないだろう。

 

まさに御神酒。余計なものはいれない、ただただ「Sake|酒」としてそこに存在するもの。浄化や不浄を遠ざけるもののようなスッキリした感じがある。

 

武田神社の御神酒「菱和誉」の味

日本酒らしい甘さはほとんどなく、複雑さや濃厚さもない。味はスパッと切れる。しつこさもない味で、良いも少なく感じる。切れが良い味なのでお酒を飲んでいる感じがあまりない。

 

コクが少し、口の中に日本酒っぽさが残るが、過去幼い頃におやじが飲んでて「酒臭いなぁ」と感じたあの時の酒臭さを少し感じるような。米っぽさは少ないが日本酒らしいビリビリした感じが舌にのるので味わい深さはある。

 

温まると口当たりはよく、まろやかな味わい。冷やして飲むよりは常温で飲むほうが良さそうだ。冷えていると気の強い酒だが、温まっていれば優しく力が抜けた酒になる。室温まで戻した方がおいしい。

 

形は菱形ではなく、もやもやの模様がない刀身の長めの刀型、色は輝きを放つラメ入り金色と言った所。おそらく余計なものを削るために、工夫をした積み重なった重みを感じる、何か目には見えないずっしりとした重みを感じるが、味はどこにでもある清酒のような感じで底の見えない何かを感じる。酔っただけか?

 

武田神社の御神酒「菱和誉」の色

ほぼ透明。わずかに黄色に見えるが、水に等しい透明感。光に当てれば少し色も見えるが、それでもきれいな透明。

 

こちらのお酒は武田神社にて購入可能です。太冠酒造で購入できるのかどうかは行ってないのでわからない。観光や訪問の際には、神棚に捧げて、身を清める酒として購入・お持ち帰りください。ついでに私にもう一本ください。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69