お酒は二十歳になってから

春鶯囀「八神峰」の味|米のうま甘と渋味がバランス良く酸味なしで後味スッキリ絶妙爽やか辛口系の酒

春鶯囀「八神峰」は、お米由来の旨味・甘味・渋味がバランス良くアルコール臭にさえ染み付いていて、飲み口さっぱり、がぶ飲みしても後味すっきりな辛口系の、わずかに吟醸のある日本酒でした。何リットルあってもおそらく飽きずに飲み続けられる銘酒と思われる。




春鶯囀「八神峰」の詳細

商品名春鶯囀 純米酒 八神峰
メーカー萬屋醸造店

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15.5度

精米歩合:63%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★★

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

春鶯囀「八神峰」の香り

アルコール臭がずっしりいる中に、春鶯囀らしい、優しい爽やかな「辛口」系の米由来の香りがしっかり存在していて、目には染みない感じで、お酒としてちょうどいい香り立ち。くさくもなく、クセもなく、バランスがよい。

 

フルーツ、りんご系かというとそうかもしれないし、ホワイトペッパーとかスパイスな感じの香りかというとそういう気もする。

 

春鶯囀「八神峰」の味

香りは辛口っぽいのに、口当たりは柔らかく絶妙に味わいの粒子が口全体に絡みつく。お米をたくさん噛んだ後のような自然な甘さに、発酵されて生み出されているような旨味と渋味が絶妙で、辛口とは言え、しっかり深みと複雑さがある。

 

とろんとした感じだけど、辛口で重厚、重心は低く、ずっしり舌に乗ってくる。飲み込んだあとはアルコール感だけ覚えていて味のキレがいい。

 

お口いっぱいに含んで、お水のように喉を鳴らしてグビグビ飲んでも嫌な感じがなかったし、あんまり酔わなかった。飲みやすさに関しては、日本酒飲み慣れている方にとってはちょうどいい塩梅のお酒だと思う。ラッパ飲みしたくなる感じのすっきり系の味だった。

 

春鶯囀「八神峰」の色

ほぼ透明。色はないに近く、淡黄色は見えない。わずかに銀系。

 

体調の影響

春鶯囀のお酒は基本万人受けする飲みやすい辛口すっきり系日本酒なのでグビグビ飲まれよ。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69