お酒は二十歳になってから

笹一「武田二十四将 信玄徳利」の味|人を選ぶ味わい深さと個性【容れ物メインで贈ると良し】

2021年3月27日

おみやげに一定の人気がある「武田二十四将 信玄徳利」は、甘さがずっしりあり、渋みと苦味が少しあり、辛口気味、どこかおやじっぽい日本酒臭さがある酒で、好みはかなり分かれるでしょう。容れ物は個性的なのでどちらかというと中身の日本酒よりは容れ物目当ての方に贈ると良いだろう。味は私には合わなかった。




笹一「武田二十四将 信玄徳利」の詳細

商品名武田二十四将 信玄徳利
メーカー笹一酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数15度~16度

精米歩合70%

原材料名米(ゆめおばこ)、米麹、醸造アルコール
公式サイトhttp://www.sasaichi.co.jp/
個人的な評価★★☆☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

笹一「武田二十四将 信玄徳利」の香り

冷蔵庫にスペースがなかったので常温で飲みました。武田二十四将の記名とイラストとおちょこと容れ物がついての金額だが、甲府ではネット通販よりもだいぶ安く売られていたぞ。常温なためか甘い香りと日本酒らしいとろんとした風味がガツンと効いてくる。

 

記憶を一時消して、目をつぶって飲むとちょっとフルーティーで花の香がするような気もするが、目を開けるとそこにはどでんと構える髭面のおじじのイラストがあるので、なんかひげ?の味がする。むさっくるしい香りに感じてしまう。これが天女だったらきっと甘くて艶めかしい香りだとか宣っていそう。

 

笹一「武田二十四将 信玄徳利」の味

日本酒度+5.0らしく、日本酒、THE日本酒という感じで、日本酒好きにはちょうどいいやわらかさと辛口加減、飲みやすさだと思う。常温で飲んでいるぞ。

 

口の中で主張が強いのが、甘さとコクと、米由来の深みだろうか、とっても不思議な味がする。目の前に髭面のおじじのイラストがあるためか、俺のひげが伸びてるためか、ひげっぽい味がする。むさっ苦しい。

 

口に含んだ直後のなんか若干のむさっくるしい感じ、アルコールはアルコールでもなんかまた別のアルコール感。臭みとか渋みとまではいかないが、なんかあんまり気分の良い口当たりではないが「今、俺は、酒を飲んでるぜぃ」感は出ているのでなかなかおもしろいのと、渋い。

 

笹一「武田二十四将 信玄徳利」の色

先入観なく色を見れば美しい淡い黄色。濁りはなく透明で、日本酒らしい色合いをしている。ただどうにも入っている容れ物が灰色なためか、おじじのイラストのせいか(いい加減失礼か…)、汚い色に見えてしまう。

 

なんかねぇ、キャップがゴムなんよ。しっかりふたできるんで品質に心配はいらないのだが、なんかゴムの香りがお酒に移ってる気がするんだよ。だって、蓋のゴムの匂いと飲む口の味が似てるんだもんさ。これ、なんかやらかしてねぇかな。

 

常温で飲んでいるのがいけない?いつも常温でも、冷でも飲むんだけど、なんかそういう問題でもない気がするで。

 

体調の影響

そんなに影響は受けていない。なんとなくだけど、熱燗で飲んだらもしかしたらおいしいのかもしれない。常温と冷ではあんまりおいしくなかった。甘みはある。

 

疲れている時はあんまり美味しく感じないどころか、気持ち悪くなるかもしれない。あと、容れ物がでかくて重くて持ち上げにくいので落としそうになるかもしれない。

 

容れ物がでかくてがっちりしてるのでグラスとかは割っちゃうかもしれない。容れ物はすごくいい。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69