八巻「甲斐男山 純米大吟醸」の味|花・バナナ・メロン系の香りと甘さが酸味とバランスよく八巻の個性ある日本酒

2021年10月9日八巻|日本酒

八巻「甲斐男山 純米大吟醸」は、バナナや花、メロン系の甘さを強く感じる香りに、ねっとりしっとりした甘みを持った味に、酸味がバランスよく加わっていて、八巻酒造の辛口っぽさの個性も出ている、少しクセがあるけどおいしく飲める花系日本酒。

テイスティング・メモ

八巻「甲斐男山 純米大吟醸」の香り

花系の穏やかで落ち着きのある甘さが強く、バナナやメロン系のねっとり甘い系の香りが印象的。爽快ではなくねっとりねっとりした甘い香りだけど、香りのキレは良い。

 

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has fruity flower sweet aroma, for example moderate mild sweet like banana and melon, mellow flowery syrup sweet, clear aroma.

【SAKE Taste】

It tastes like slime sweet gel ad melon and banana flower syrup juice, balanced acidity and sweet sugar, clear dry alcohol but little bitter.

八巻「甲斐男山 純米大吟醸」の味

口当たり粘性高め、やんわり響いていく酸味と全体的にコーティングされていて溶け出す甘味。フルーツっぽさはあるにはあるが、いろんなフルーツが混ざったシロップジュースという感じ。

 

酸味は主に舌を包む周囲で、甘味は口の中全体で感じ、飲み終える頃にも酸味と甘味が残って、ちょっとくどさはあるけど、バランスは取れているのできつくはない。最初、舌には粘性高めで乗ってくるので、酸味の感じ方によっては苦手な人は苦手かも。味わいがてろんてろんしている。

 

個人的な経験から、八巻の辛口ずっしりな日本酒のアルコールっぽさとかは酵母や水由来で、この八巻酒造もある北杜市近辺はこういう少しこもったくせのある味わいになる。そして、八巻の辛口で伝統より、しっかり昔ながらの日本酒って感じの雰囲気が純米大吟醸として出てきた結果、こうなりました、と言われれば確かにと納得できる。

 

八巻「甲斐男山 純米大吟醸」の色

金系の透明度の高い淡黄色で、水気が多い印象があるが、粘性高めの液体。若干薄めたハチミツっぽい。

 

体調の影響

純米大吟醸にしてはとろんとろんしてて、濃ゆい甘さがあるけれど、嫌な感じではなく、八巻酒造らしい個性を感じる味わい。酵母?かな。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

八巻「甲斐男山 純米大吟醸」の詳細

商品名甲斐男山 純米大吟醸
メーカー八巻酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:50%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家