井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」の味|穀物系甘味と適度な渋味・酸味があり伝統的な純米酒という感じの日本酒

2021年10月9日井出|日本酒

井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」は、穀物系木質っぽい甘味と香りがあり、わずかにフルーツ感が隠れているが、ほとんどが米由来の味わいでミネラル感がある。クセはあるけれど、穀物系純米にしてはクリーンできれいな味わいであまり酔いが回らない気がする日本酒。

テイスティング・メモ

井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」の香り

穀物から来るまろやかな甘さの香りが印象的で、分かりやすく純米酒。かなり密な木質系の雰囲気もありつつ、ほぼ米らしい、純米らしい甘味ベースの香り。キレの良い香りで、くささは少なく、シンプル、単色な香り。若干巨峰系のぶどうっぽい香りがわずかに隠れてる。

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has grain rice sweet aroma, for example minerals and sweet from grain, smooth clear grain aroma, dry alcohol.

【SAKE Taste】

It tastes like well-rounded grain rice sweet, wooden mineral clear bitter, balanced mild acidity and watery sweet syrup, maybe traditional.

井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」の味

口当たり硬めで、水っぽさがあり、舌先で渋みと酸味があり、舌全体を穀物系のまろやかでこもった甘味が流れていき、乳酸っぽさがいるように見せかけて穀物感だけで喉まで辛口日本酒が突き抜けていく。

 

甘さが少しあるのに、それを隠すような辛口日本酒っぽさと渋さ、コーティングされている酸味の味の粒子がいる感じで、バランスは取れているけれど、結構木質乳酸系の味わいがあるので、クセはある。お土産でもらうと素直に喜べない人がいるかもしれない。

 

激辛口好きの人向けではなく、乳酸系とか木質系とか醸造酒とかの伝統的な日本酒が好きな人向け。

 

井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」の色

透明感があり、なめらかな金系淡黄色。

 

体調の影響

そんなにアルコール感は強くないけど、辛口ではあるので、酔いそうでそんな酔わない。味は人を選びそう。おみやげにする場合は、ちょっと注意かもしれないけど、料理酒にはいい味出してる気がする。

 

あと、瓶がけっこう場所取るし、捨てにくいし、プラスチックのフタを取ると、なんかおしゃれじゃない。白いフタ取ったら富士山じゃなくなっちゃった。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

井出「大雄峰 純米旨辛 富士山」の詳細

商品名甲斐の開運 大雄峰 純米旨辛 富士山
メーカー井出醸造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15~16度

精米歩合:65%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家