お酒は二十歳になってから

谷櫻「のんだ甲斐」の味|自己主張弱めの醪・麹の香りに酸味強め渋みありのにごり日本酒

谷櫻「のんだ甲斐」は主張弱めの醪や米麹の香り、甘酒にあるっぽい甘さに強めの酸味があり、わずかに舌に残る渋さもあった。すっきり飲みやすい、あまりクセが気にならないにごり酒。蔵元居酒屋谷櫻で飲んできました。ラベルを撮影できなかったので、メニューを雑編集で少し。




谷櫻「のんだ甲斐」の詳細

商品名のんだ甲斐
メーカー谷櫻酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度~16度

精米歩合:65%

原材料名米、米麹、醸造アルコール
公式サイトhttp://www.tanizakura.com/shopdetail/008000000014/
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

谷櫻「のんだ甲斐」の香り

醪らしさが出ている含みのある香り。米麹そのものという感じの香りがある。香りの粒子は小さめであまり主張はない。

 

谷櫻「のんだ甲斐」の味

もろみ酒の印象が強く、酸味は強く、甘みは米由来のものはあるが、飲み込んだあとに酸味が強く出てきて、苦味がわずかにあり舌に少しだけ残る。嫌な感じはしないけど、味の中に空気が含まれているような感じで、もろみっぽさがずっしりみっちり口に残る。

 

谷櫻「のんだ甲斐」の色

醪を粗く越しただけなので白く濁っていて、水気が多くサラサラした液体だった。

 

体調の影響

クセはほとんどなくて、スッキリ飲めて、そんな悪酔いにもならない。日本酒が苦手でも、これなら飲めるって人は多いと思う。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69