お酒は二十歳になってから

谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」の味|木樽で熟成したかと思うような香りと味で超個性的な日本酒

谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」は、味も香りもまるで若いヒノキのような木質由来のものを感じ、香りも味もキレがよく、樽で熟成したのかと思うほどの個性的な味わいがある日本酒だった。まさしく生酛造り、木樽のその香りや味わいがそのまま感じられるこだわりの日本酒。




谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」の詳細

商品名生もと造り純米酒 桜舞
メーカー谷櫻酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:14~15度

精米歩合:55%

原材料名米、米麹
公式サイトhttps://www.tanizakura.co.jp/
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」の香り

ミネラル感強く、木の香りをそのまま醸したような感じ。少しこもるけど、膨らみを感じる優しい感じがあり、香りのキレがいい。

 

谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」の味

口当たり第一印象は真水、酸味が舌の両端で、渋みがじわじわくる、甘みはほぼなく、男らしい渋さを感じる。苦味はそれほどなく、舌に染み込まない。透明感と樽?で香りをつけたかのような、ウイスキーの日本酒版のような風味があり、ヒノキやら自然由来の木の香りを味でも香りでも感じる。

 

【生酛(きもと)造りとは】

醪の元(日本酒の元とも)となる酒母を「木樽」で長い時間と手間をかけて、木樽で手作りする作り方のこと。この「生もと造り純米酒 桜舞」の木の雰囲気は、ちゃんと木樽で作っているからこそ生まれる努力や生命の味と言い換えても良い。好きな味わいかどうかは別。

 

谷櫻「生もと造り純米酒 桜舞」の色

机で飲んでいると色とかもうよく分からないんですが、透明でした。黄色はほとんど見えなかった。そして、蔵元居酒屋谷櫻のおでんはこんな感じでとっても美味しかった上にボリューム満点だった。

 

体調の影響

何のことはない、普通の日本酒という感じだけど、味わいが個性的で、好みは分かれるかもしれないが、渋さはないので比較的軽口(辛口ではなく)に飲みやすい。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69