お酒は二十歳になってから

谷櫻「生 いき」本醸造の味|アルコール臭強めで喉でグビグビ飲むのに向いてるとろんとした辛口日本酒

谷櫻「生 いき」本醸造は、香りは酒臭いけれど、米の芳醇で醪由来と感じられるような米の甘い、渋い味わいがバランス良く出てきていて、喉を鳴らしながら熱燗でグビグビ飲むのに向いている日本酒だった。生酒だけど熱燗で飲んだほうが絶対においしいと思える日本酒。




谷櫻「生 いき」本醸造の詳細

商品名本醸造 いき 生
メーカー谷櫻酒造有限会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:14~15度

精米歩合:65%

原材料名米、米麹、醸造アルコール
公式サイトhttps://www.tanizakura.co.jp/
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

谷櫻「生 いき」本醸造の香り

エタノール臭いトップノート、日本酒らしい感じよりはエタノールが強い。米、醪系の甘い米の香りはわずかに華やかに香り立つ感じはあるが、アルコールくささと一緒ににおうのでなんだかちょっと残念な感じはする。

 

熱燗で飲んだらおいしいんだろうなと思うけど、生酒なので熱燗40度くらいだと、目に染みる。のに加えて、生酒なのに加熱したらどうなんだ?

 

谷櫻「生 いき」本醸造の味

柔らかく、優しく、ふわふわな醪の、米の甘さを持った口当たりにわずかに酸味由来の渋さを感じつつ、お米の柔らかさが口の中に広がっていく。舌にまとわりつくような甘さに加えて、お米のシロップのようなとろんとした水っぽいゼリー状の味成分がいる感じがする。

 

お米の甘さや複雑さの粒子が集まっている感じではなく、ねっとり、しっとり舌にまとわりついてくる感じ。辛口よりの甘さが少しある感じで、バランスは取れているが甘口とは言い切れない。香りの酒くささと、味わいのバランスの良さが、まさに「酒好きのための酒」という感じを表現していて、でも安酒っぽさはない濃い味わいですごいいい感じ。

 

舌で味わうと言うよりは、飲み込んだあとの喉で味わう感じ。舌の奥の方でおいしさと、この酒の一番おいしい所が出てくる感じがする。やはり熱燗でいきたい感じの味に仕上がっている気がする。

 

谷櫻「生 いき」本醸造の色

無色透明、ほぼ無色だけど、わずかに黄色あり。瓶は水色だけど、その水色のイメージで飲んだらおかしい感じになる。瑞々しさと柔らかい味わい、さらさらのフルーツ味の水という感じはする。

 

体調の影響

生酒だけど悪酔いしない感じのちょうどいい味わいでとてもよい。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69