お酒は二十歳になってから

谷櫻「古銭屋の酒」の味|重心低めの神秘的清廉な香りに生酒らしい酸味・甘味のバランスある日本酒

谷櫻「古銭屋の酒」純米大吟醸生酒は、香りはまるで神聖な浄化された山にある白い花のような美しさがありつつも重心が低く、味わいは甘味、とろみ、まろやかさと共に、酸味がアクセントになっていてとても飲みやすい谷櫻らしい個性ある日本酒。




谷櫻「古銭屋の酒」の詳細

商品名純米大吟醸生酒 古銭屋の酒
メーカー谷櫻酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:17度

精米歩合:45%

原材料名米、米麹
公式サイトhttps://www.tanizakura.co.jp/
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

谷櫻「古銭屋の酒」の香り

浅めの香りに花のような香りで、重心の低い香りがある。お米っぽさがあまりなくて、清涼感もあるようなきれいな雰囲気で、神様や妖精のいる山の霧を集めたようなイメージ。温まると日本酒らしいアルコール感は強めの香りが出てくる。

 

谷櫻「古銭屋の酒」の味

まろやかに舌に染み込み、酸味は少し、生酒らしい甘みが強く度数はあまり感じない。コクととろみが舌に柔らかく染み込む。飲み込む瞬間に酸味を感じる。少し温まると口当たり酸味を感じるようになり、変化が楽しい。最初は甘く柔らかく、時間が経つと酸味が出てくる。

 

谷櫻「古銭屋の酒」の色

ほんの少し黄色っぽく見えたけど、ほぼ透明だった。

 

体調の影響

蔵元居酒屋谷櫻では、180ml1,320円で飲めます。ちょっと高めなのかもしれないけど、720mlで3,609円(公式ショップへリンク)なんで割高だけど試飲って考えればまぁまぁ無難な所。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69