お酒は二十歳になってから

武の井「さくら酵母仕込」純米吟醸の味|甘めの辛口白ワインっぽいフラワーブロッサムな風味がした(気がする)

2021年3月27日

日本酒ってなんだっけ?ワインってなんだっけ?と一瞬不安になるくらいには風味が似ている所があって、フルーツワイン、ライスワインとでも言うのだろうか。お米のワインだんべ?って思った日本酒。甘いけど、たぶん世間的には辛口で、お米っぽさよりはたしかに花っぽいふわっとした上品さがある。ワインだよって言って出されて酔ってたら分からないかもしれない。




武の井「さくら酵母仕込」純米吟醸の詳細

商品名さくら酵母仕込|純米吟醸
メーカー武の井酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:16度

精米歩合:60%

原材料名米、米麹
公式サイトhttp://takenoishuzo.jp/
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

武の井「さくら酵母仕込」純米吟醸の香り

定番の、どこでもよく感じる日本酒の香り。一切のブレがなく、まさにこれぞ日本酒っていう香り。これこそ日本酒のど真ん中、といった香りなのだが個性はない。ただ、すごくいい香り。苦手な人は、うわぁ、日本酒だぁって感じるかもしれないが、日本酒好きからしたら、おや、うまそうだって思う香り。

 

米っぽい甘い香り、アルコール臭はほんのちょっとだけ、香りの膨らみ方もちょうどよく、きつすぎず、軽すぎない感じ。

 

武の井「さくら酵母仕込」純米吟醸の味

なんだかんだ分かりにくい味。日本酒なんだけど、口の中でも香りが主張してくるし、とろみというか、コクと言うか、まろやかな感じはあるし、なんか日本酒っぽいしょうどいい甘さもあるけど、どっちかというと辛口の日本酒で、なんだったらこういう感じのフルーツワイン飲んだことがある気がする。

 

どっかの白ワインから酸味を取り除いたらこういう感じになると思うの。白ワインというよりはロゼかもしれない。なんか酸味のない甘みを追加してる白ワインって感じで、超極甘白ワイン、ナイアガラ…だったかな。それに似てる風味がある気がする。個人的には超甘い。

 

さくら酵母を使ってる?ようなのだが、桜というよりは白色の花、ジャスミンとか、ハイビスカスみたいな感じの華やか、かわいい花の白い感じの花の蜜っぽい味がする感じはする。

 

武の井「さくら酵母仕込」純米吟醸の色

だいぶ黄色い、濃くはないが、しっかり日本酒らしい黄色があって、透明感はある。ちょい濁り、ちょい透明感。

 

あ、もしかしたら熱燗で飲んだらすごくいいかもしれない。がっつりお冷で飲んだけど、温まって常温になってきた所でいい感じの香りと味になってきた。熱燗だったらこの風味もっと際立って桜っぽさが分かりやすいかもしれませんな。

 

体調の影響

心身ともに健康、2020年10月末に飲んだ。なんか、たぶん甘いけど、辛口な感じなので苦手な人はいるかも知れない。どっちなんだ…と混乱する感じ。甘い酒は嫌だって人は嫌だろうし、甘いのがいい人にとっては辛すぎる。どうしたらいい?

 

個人的に感じたのは「挑戦」ていう単語。何か、こう、日本酒っぽさを抜け出そうとしてるけど、なんか抜け出しきれていない感じ。でも飲みやすい酒を目指したぞ!って挑戦してる感じはする。これは、もしかしたら化ける日本酒かもしれない。熱燗か、1、2年寝かしたらまた変わるかもしれない。来年も楽しみなお酒。

 

たしか、萌木の村で買った。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69