武の井「武の井 純米吟醸酒」の味|マスカット・青りんご系香と雑味入り酸味とこもった風味のある辛口日本酒

武の井|日本酒

武の井「武の井 純米吟醸酒」は、香りはマスカットや青りんごっぽいが、香り・味ともにこもった独特のソフトな雑味を「酸味」が印象的で、ベゴニア花酵母なんだろうかと思わせる特殊な風味があり、挑戦的で、結構辛口よりな不思議な味の日本酒。




武の井「武の井 純米吟醸酒」の詳細

商品名武の井 純米吟醸酒
メーカー武の井酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:14度

精米歩合:60%

原材料名米、米麹|ベゴニア花酵母
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has fruity and acidity aroma, for example frech muscat and green apple, elegant purple flower sweet, little cute rich well-rounded balanced acidity.

【SAKE Taste】

It tastes like soft rich mellow and sweet acidity, mild dry alcohol and minerals, many minerals mild acidity from fruit’s flower.

テイスティング・メモ

武の井「武の井 純米吟醸酒」の香り

華やかマスカット:青りんご=7:3くらいの感じでフルーティーさと、花のにおいを香っているような控えめな香り立ちで、かわいらしさを感じる落ち着き具合。

 

やさしくて柔らかい香りに、フルーティーさとコクのような何かに包まれているか、ベールをまとってるようなふわふわ感がある。

 

武の井「武の井 純米吟醸酒」の味

口当たり軟水、舌の上で酸味ととろみ、フルーツ由来っぽいけど米の存在感が少しある甘味があって、飲み終えてからアルコール感が強く出てくる印象。

 

すっきりした飲み口であるが、けっこう辛口で、特に飲み込んでからアルコール、エタノール感が登ってくる。

 

ミネラル感が全体にいるので、軟水っぽい感じなのに、硬水っぽさもあって、なんとなく北杜市っぽい雰囲気を感じる。

 

武の井「武の井 純米吟醸酒」の色

金系、明るめ、光沢を感じつつ、甘そうなとろみ感じる雰囲気の淡黄色。

 

体調の影響

乾杯には向かないけど、ベゴニア花酵母を使ってるっぽいので、おそらくその風味由来の独特の味わいがある。人によっては雑味に感じるかもしれない「酸味だけど明らかに苦味」の特性を持つ華やかなこの味は個性的。

 

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家