お酒は二十歳になってから

太冠「桜織の涙」の味|焦がしりんごっぽい香りと重厚感ある甘さ・辛さバランス型の日本酒

2021年3月27日

太冠酒造「桜織の涙」は、香りは少し辛口渋め、味わいは薄くてわずかに甘く、キレの良いさっぱりした味で飲みやすい日本酒でした。大衆受けを狙ったとも取れるけれど、しっかりずっしりバランス型の味に腰を据えて飲みやすさを維持している、個性を維持しているとも取れる無難によい日本酒。




太冠「桜織の涙」の詳細

商品名純米大吟醸 桜織の涙
メーカー太冠酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:50%

原材料名米、米麹
公式サイトhttp://www.taikan-y.co.jp/
個人的な評価★★★☆☆(おみやげには推奨)

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

太冠「桜織の涙」の香り

少し焦げたような米、焦がしりんごから作ったような甘さ強めの香りに、あまり膨らまず、控えめで印象の薄めの麹っぽいにおいがある。純米大吟醸らしい香りといえばそうだが、どこか醸造酒や純米酒っぽい辛口を感じさせるようなインパクトの香りがふわっと隠れている。

 

桜のイメージはあまりないけど、ふわっとした花系の香りよりは、果実の絞り汁が少し焦げたような、渋みが出ているような感じ。ラベルのイメージから可愛い女の子の印象も有るが、富士山の容赦ない大自然の厳しさが味と香りにそのまま出ていると言われるとそんな気もする。酒臭い、日本酒臭い感じは嫌な人も多いかもしれない。

 

太冠「桜織の涙」の味

水っぽい口当たりに、透明感がある少し薄くなった?ような米の味わい。辛口らしいピリピリ感はあるけれど、水っぽさを強めに感じるのは太冠酒造の個性かもしれない。味は苦味か、渋みがほんの少しいる感じがするが、舌の両端、舌の奥の方では甘みを感じるのでがぶ飲みするのに向いている感じ。

 

舌先ではほとんど味を感じない気がする。口の中でくちゅくちゅしながら味わうとバランスがよい味わいになる気がする。度数は結構あるけど、舌先でほとんど甘さを感じないので飲みやすくて、あんまり酔いが回らない。

 

日本酒としての歴史や熟成が浅い感じがする。なんかお米や酒としての深みはあんまりなくて、なんかほんの少し薄まった日本酒のような感じがする。深みはなくて、逆に言えば無難に大衆向けに飲みやすい味わいになっている。フタのところはビールみたいになってた。

 

太冠「桜織の涙」の色

なかなかの透明淡黄色で糖度が高そうな、蜜のような色合いをしている。はちみつとは言えないが、薄めたはちみつという感じの色合い。

 

体調の影響

熱燗で飲んでもおいしそうな感じで、悪酔いはしなさそうな味。ただすごいおいしいかというとそんなことはないけど、無難に飲みやすくて、これならおみやげにしても問題ない。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69