お酒は二十歳になってから

七賢「嵇康」純米吟醸生酒の味|キレのよい醪の甘さと超絶微炭酸系の苦味&酸味ありでフルーツの香り

2021年3月27日

七賢「嵇康」純米吟醸生酒は、ももや若いりんご系のフルーツのような落ち着いた香りに、キレのよい醪の甘さと超絶微炭酸の泡っぽさ、酸味、苦味が合わさってバランス良い生酒になっている日本酒でした。火入れした酒に比べると明らかに生命力を感じるが、未熟さを少し感じるとも言える雰囲気がある味わい。




七賢「嵇康」純米吟醸生酒の詳細

商品名嵇康 純米吟醸生酒
メーカー山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:57%

原材料名米、米麹
公式サイトhttps://www.sake-shichiken.co.jp/
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「嵇康」純米吟醸生酒の香り

ももやりんご、マスカット、アプリコットのようなフルーツっぽい香りが優しく感じられて、長続きしない感じ。エタノール臭さはなく、透明感あるきれいな雰囲気。主張はあんまりない。

 

七賢「嵇康」純米吟醸生酒の味

ほんのわずかに炭酸を感じつつ、ほんのり渋みと、醪の甘さと小さい粒粒が舌にまとわりつくような感覚がありながら、コクが少し、とろみが少し、しっかりと日本酒の甘さが舌に乗っかりつつも甘さのキレが良くて、長くは甘い味わいが残らない。

 

甘ったるさが一瞬いるけれど、炭酸っぽい苦味とフルーツっぽい酸味がいるせいでバランスは取れている。辛口の日本酒に慣れている人にはちょっと甘ったるくて、シロップみたいで飲みにくいかもしれない。

 

舌や口の中に広がるのは優しくもネットリしたようなフルーツワインのような甘さに、未熟さ故の頼りなさというか、強靭な味というよりはナヨナヨしている感じの芯がない甘さで氏に渡る感じがするとも言う。

 

七賢「嵇康」純米吟醸生酒の色

絹っぽいわずかな黄色に美しい透明度とほんの少しグラスに超微発泡の泡がつく。

 

体調の影響

生酒は、苦手な方は飲みすぎると下痢・強烈な腹痛になるので注意。どうも私自身、生原酒は苦手なのか、一気に量を飲むとお腹がギュルギュルする。

 

ナスの炒め物や天ぷらなどと合わせると良いと思われる。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69