七賢スパークリング「空ノ彩」の味|芳醇で甘くてさっぱり【味・香り評価】

2021年7月20日七賢|日本酒

七賢スパークリングの中ではもしかしたら一番日本酒らしくて飲みやすいかもしれないのがこの「空ノ彩」です。美しい日本酒の香りと味が生かされていて、まさしく文字通り、日本酒スパークリング。日本酒好きな方にはぜひ飲んでもらいたいが、日本酒くささが強いので初心者にはおすすめできない。




七賢スパークリング「空ノ彩」の詳細

商品名七賢 空ノ彩
メーカー七賢|山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:12度

精米歩合:不明

原材料名米・米麹
公式サイトhttps://www.sake-shichiken.co.jp/sparkling/
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has soft gentle rice juice aroma, for example rich mellow sweet particles, clean fruit syrup, watery beautiful.

【SAKE Taste】

It tastes like clear fresh sweet and rich mellow, drink for slow relax time, well-rounded sparkling.

 

七賢のスパークリング日本酒の中では、おそらく一番日本酒らしい味わいだった。味の途切れはあまりよくはないが、むしろそれがいい。じっくり日本酒として熟成され、完成されていて、スパークリングにもなっている。ふわっとした風味に重厚感は感じなかったが、空気が広がるような味わいと香りはあった。

 

テイスティング・メモ

七賢スパークリング「空ノ彩」の香り

七賢のスパークリング日本酒の中では、おそらく一番日本酒らしい味わいだった。味の途切れはあまりよくはないが、むしろそれがいい。じっくり日本酒として熟成され、完成されていて、スパークリングにもなっている。ふわっとした風味に重厚感は感じなかったが、空気が広がるような味わいと香りはあった。

 

甘くて優しくて、爽やかなお米の香りがする。高身長な好青年が見上げて微笑む、緑の少ない美しい岩場と麓の見える山の川の上流にいるような印象。とろみを感じる透明感のある水の中、ゼリーの塊の中で呼吸ができて、ふわふわ自由に動けるようなイメージ。きれいな日本酒のそのままの香りがする。

 

どれだけ吸い上げても消えることのない、減ることのない米の甘さがすごい。良い酒器を買っておいてよかった。いくらでもクイクイ飲めてしまうので危ない。危ない、危ない。これは良い日本酒だ。

 

七賢スパークリング「空ノ彩」の味

炭酸が薄く、日本酒にわずかに爽快感のある泡が追加されている感じ。泡の存在感は「星ノ輝」の半分くらいで、泡の爽快感より、日本酒っぽいお米の甘さや芳醇さがドシッと舌に乗って離れない。お酒初心者向けではない、ある程度日本酒に飲み慣れている人に、こっそりブラインドで飲ませたいお酒。

 

議論や重たい話し合いに合わせるお酒ではない。共感や温和、1分が180秒くらいの時間軸で飲むのに適している気がする。悲しみも悩みも、心のしこりの一切がなくなった時に一緒に飲み交わして月でも眺めたいお酒だ。美しい酒だ。価格もちょうどよく、これだけ日本酒っぽさとスパークリングっぽさを合わせて飲めるなら、もうこれだけでいい。うまい。(酔ってきた)

 

日本酒の中ではかなり甘口で、飲みやすいとも、甘ったるいとも言える。口の中にまとわりつくようなトロトロさが少しあって、デザート日本酒というのにふさわしい気がする。羊羹や甘い和菓子と合わせて飲みたい。チーズ系の濃厚さを持つ食べ物にも合いそう。

 

浮かぶ形は、スライムのような液体を含んだ無形のゼリーのようなもので、中に泡を控えめに含んでいる感じ。ゼリー状のスライムを包む皮は想像以上に強く、簡単には割れず伸縮性がある気がする。色は美しい透明感のある黄緑色(夏の新芽の色|#7fe37f)で、空色感は感じられなかった。森の妖精(手のひらに乗るくらいの大きさで透明な羽が生えている妖精|小型の帽子をかぶったエルフみたいなのではない)が好んで飲みそうなかわいらしい味わいだ。

 

七賢の「山ノ霞」は濁り日本酒のスパークリング、七賢の「星ノ輝」はシャンパンレベルの一級品、七賢の「空ノ彩」は一番スパークリング日本酒と言って良い気がする。まだこの時、私は「杜ノ奏」を知らないが、すぐ知ることになる。詳しくは「杜ノ奏」で。

 

七賢スパークリング「空ノ彩」の色

透明で透き通っているが、わずかに黄色(ほとんど無色透明)で、まるで若い木の内部の色を透明にした感じ。目を閉じて飲むと、かなり黄色い、色の濃い目の日本酒を浮かべるが、実際には相当に透明で、おそらくびっくりする。

 

薄暗い場所で飲む場合は、色はおそらく判別できない。向こうが黒であれば少し黄色っぽさが分かるが、向こうが白であれば黄色っぽさは分からない。ラベルの色が青いので、明るめのブルーの味をイメージするかもしれないが、限りなく新緑の色の味がする。

 

体調の影響

日本酒らしい香りが強いので、鼻が効かない時、花粉症の時にはもったいない。また、独特のナンプラーやオイスターソースの香りがある系のエスニック料理には合わないので、においの強い料理とは合わせないほうが良い。

 

ビールでスカッとスッキリしたい気分の時に、どうしてもスパークリング日本酒を飲むんだったら「星ノ輝」を飲むと良い。この「空ノ彩」はスイーツを食べる時のテンションで飲んで欲しい。

 

アルコール度数が11度ではなく、12度あるわけだが、そんな1度で違いはないと思うかもしれないが、…味と香りががっつり容赦なく日本酒なのでけっこう酔う。日本酒の720ml瓶一本一度にいつもは空けれるくらいのもんなんだが、これは2日かけて飲んだ。結構アルコール感と日本酒感が強い。

 

今現在飲んで書いていて思ったのだが、天ぷらが欲しい。わかさぎとか、しそとか、ししとうの天ぷらが欲しい。無性に天ぷらとか、なんかちょっと塩っ気のある和食が欲しい。あと、鮭のお茶漬けが欲しくなった。完全に味覚をこの「空ノ彩」に管理されている気がする。でも、とても気持ちよく酔えていて、気持ち悪さはない。これは常備しておきたい日本酒だ。

 

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家