お酒は二十歳になってから

井出「天下山麓富士の山|甲斐の開運」の味|飲みやすさ満点【初心者にもおすすめ】

2021年3月27日

米の甘さと優しく控えめな香りに、ちょうどいいアルコールの濃さ、すっきり飲んだ後に途切れる日本酒の旨さがたまらなく、止まらない上に、全然酔わないくらいの旨さ。1人に720ml瓶1本割当ないと足りないほどで、年末に数人で飲むなら一升瓶でないと足りない。旨い。




井出「天下山麓富士の山|甲斐の開運」の詳細

商品名天下山麓富士の山
メーカー井出醸造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15~16度

精米歩合:玉栄|65%、あさひの夢65%

原材料名

米、米麹、醸造アルコール

富士山伏流水、1001酵母、連醸酒母

公式サイトhttp://www.kainokaiun.jp/
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

※URLはSSL化されていなかったためリンクしていません。

 

テイスティング・メモ

井出「天下山麓富士の山|甲斐の開運」の香り

控えめ、とも言うが、必要なものだけ、の香り。日本酒らしい、お米の甘さとふんわり広がる香りがしっかり存在感はあるが、主張がない。透き通っている感じや、透明感を香りだけで教えてくれているような感じ。

 

この香りに、この味わい、喉越しのインパクト、程よい甘さと透明感。悪意もなにもない透明な妖怪に化かされたような、最初は弱そうに見せておいて、手合わせしたら地球最強の戦士だったような、そんな感じ。

 

若くて世の中の汚さの一切を知らない女性的な香りと透明感があるような、清浄で、洗練されている妖精のような女神のような香り。

 

井出「天下山麓富士の山|甲斐の開運」の味

透き通った途切れが良く、酒っぽさが少なく、まさに水のよう。薄味なわけではなく、米っぽさ、清廉さ、甘さ、辛さが「強靭な芯のある氷でできた槍先」にギュッと凝縮されている。

 

クセがほとんどなく、すっきり、さっぱりした味わいで口当たりが異常に軽くて、喉を通る時に激しい辛口の「日本酒」の自己主張があるため、ビールのようなスカッとした喉越しが気持ちいい。グビグビ飲める。

 

その気になれば神にも一刺しできるくらいの透き通った透明度の高い、練度の高い氷の槍の先のような形で素晴らしく飲みやすい。どんな飲み方をしても「はっきり旨い」日本酒だ。

 

これはうまい

 

井出「天下山麓富士の山|甲斐の開運」の色

薄い黄金色というべき黄色がかった色合いで、金属っぽさを感じるが甘さがあり、金(Au)を溶かして醸造したような、醸造過程で触媒として金を入れているような感じがする。

 

液体には少しとろみがあって、水のようなキレはないが、限りなく水に近いもので、とろっとしたアルコールっぽさが色にも出ている。精米歩合65%なのに透明度が高いのと色が薄いのが信じられない。精米歩合なんて当てにならんな、という価値観で殴られた感じがする。こんなに飲みやすいとは。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69