お酒は二十歳になってから

七賢「一番しぼり」の味|なにこれこんなにおいしい白ワインみたいな日本酒うますぎるなにこれ

2021年3月27日

七賢「一番しぼり」は、私の日本酒人生の中で2度目のドンピシャにうまい日本酒でした。シードル、白ワインのような爽やかさに、ほんのりな甘さ、クセのない透明感、程よく辛口、ビールみたいに飲めちゃううますぎて中毒性がある、うますぎる日本酒でした。もう一本飲みたいのに、もうどこにも売ってないのなんで?獺祭の2割3分よりおいしいかもしれない。




七賢「一番しぼり」の詳細

商品名一番しぼり
メーカー山梨銘醸株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:57%

原材料名米(夢山水)、米麹
公式サイトhttps://www.sake-shichiken.co.jp/ichibanshibori2020/
個人的な評価★★★★★

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

七賢「一番しぼり」の香り

非常に甘く、新鮮なりんごみたいな香りとともに、まろやかで、ふんわりしててまとわりつくような、でもさっぱりすっきりしている香り。

 

鼻に残りすぎず、程よく香って、しっかり吸って、しっかり呼吸して香りだけでも楽しめる感じ。アルコールっぽさはなく、詳しくない人だったらジュースと勘違いしそう。

 

七賢「一番しぼり」の味

バランス完璧。口当たりがよく、舌触りもちょうどよいけれど、さっぱりしすぎず、日本酒らしさは残ってて、でもクサくない。甘さは香りで感じたほどはないけど、甘さがちゃんとあって、お米らしさはあり、喉の通りがスムーズでがぶ飲みできる。

 

飲みやすいのに、甘いのに、辛口っぽさが少しあるのに、えぐさや渋さがなく、でもちゃんと日本酒で、全身に染み渡るような味わい深さがある。

 

冬の富士産の山頂で育てた、りんごとマスカットをガチガチに凍らせて、香りと味わいを封じ込めて絞り液体にしたものの本当に不純物の少ない透明なところだけ精油にした?くらいの勢いでおいしいお水で作った日本酒って感じのおいしさ。

 

七賢「一番しぼり」の色

ほぼ無色透明で、わずかに、ほんのわずかに黄色。とろみのある液体で、アルコールくささが少ない。非常に飲みやすい。獺祭の2割3分よりおいしいかもしれない。

 

体調の影響

気にせず飲め。むしろ疲れている時に飲め。うまい。ついつい飲めすぎるので二日酔いに注意。じゃがりこにあう。天ぷらやうずらの卵にもあう。塩っぽい味のものにぴったり。白身魚でも、赤みの魚でもOK。万能すぎて泣きそう。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69