お酒は二十歳になってから

【新潟】近藤酒造「酔星 Newcup」の味|もも系フルーツの香りに軟水っぽい味とアルコール臭強め

新潟のぽんしゅ館で買ってきた、デザインがかわいいカップ酒。香りはフルーツ系でアルコール臭あり、味にもアルコール臭があって、無味に近く、わずかに酸味と軟水っぽい、水系の甘さややわらかさがある日本酒。




近藤酒造「酔星 Newcup」の詳細

商品名酔星
メーカー近藤酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度~16度

精米歩合:不明

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

近藤酒造「酔星 Newcup」の香り

爽快、フルーツ系の甘さとやさしいふんわりしたトップノート弱めの香り。香りにもアルコール臭が強くある。

 

近藤酒造「酔星 Newcup」の味

飲み口軟水、水っぽく、柔らかい。アルコール臭が強めでやさしいのにアルコールで辛く感じる。米の渋みか苦味が粒子状に舌に少し絡み染み込む。口の中でアルコール、エタノールが主張してくる。

 

とても飲みやすいが、飲み口少し酸味あり、旨味や甘さはなく、とにかく水っぽく、アルコールで辛さを出している感じ。醸造酒ではないけれど、醸造酒っぽい辛さに水で薄めたか、味を調整したか、米の種類が何種類かあるのか、調整された味という感じ。

 

近藤酒造「酔星 Newcup」の色

合金系の淡黄色だが、ほとんど無色透明。

 

体調の影響

そのまま飲めて便利で、飲んだあとコップにできるのが一番の魅力。おしゃれなコップになるのと、飲む所が丸まってて飲みやすいので便利。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69