お酒は二十歳になってから

八巻酒造「清里 KIYOSATO」の味|飲みやすい軽い渋さがある雰囲気日本酒

2021年3月27日

八巻酒造の「清里」は、香りも味も強すぎないが、渋さがベースにあって、硬水のような口当たりの日本酒でした。すごく好みが分かれそうな味わいで、飲みやすいけど、クセがあって気になる、初心者にはおすすめできないタイプの味。飲めるけど、もう一度飲みたいかというとそんなことはないかもしれない。




八巻酒造「清里 KIYOSATO」の詳細

商品名清酒 清里 KIYOSATO
メーカー株式会社八巻酒造店

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:65%

原材料名米、米麹、醸造アルコール
公式サイトhttp://yamakishuzou.com/
個人的な評価★★★☆☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

八巻酒造「清里 KIYOSATO」の香り

八巻酒造らしい渋さとアルコールの強さを感じる香りで、好みが大幅に分かれそうな香り。あまり香りがたたないので、熱燗にしたらもっと香りが強くなりそうだけど、クセがありすぎてあんまり好きに…なれないかも。

 

日本酒というか、米焼酎というか、なんだろう、まだ経験が足りないのでなんともいえないが、日本酒らしさがあんまりないかもしれない。

 

なんとなくだけど、八巻酒造の追加している醸造アルコールが悪さをしている気がする。醸造アルコールが入っていない?原材料に書いてない「お館様」は飲みやすくて好きだった。

 

八巻酒造「清里 KIYOSATO」の味

香りの渋さっぽさの割に、口当たりは良くて比較的飲みやすく、飲んだ後に舌の上で渋さが主張してくる。やさしさや柔らかさは一切感じられず、硬水みたいな口当たりに渋さをわずかに感じる味わい。

 

まずくはないけど、おいしくもない。米らしい風味があんまりなくて、アルコール感が強すぎる。これも醸造アルコールを入れているからなのか、なんか風味が好みではない感じがする。人生初の日本酒がこれだったら、日本酒嫌いになると思う。

 

香りと口当たりの割に辛さや舌の痛さ的な感覚はあんまりなくて、硬水、ただの水に近い味わいがある。名前の通り「清里」の高原っぽさをイメージしていると言われると…そんなことはないかもしれない。どっちかというと岩肌見えてる鉱山の麓に湧き出るきれいな水とお米で、年季の入った製造施設で作った日本酒って感じがする。

 

八巻酒造「清里 KIYOSATO」の色

すごく無色透明で、わずかに黄色があるけれど、ほぼ無色透明。精米歩合65%の割には色が透明で、洗練されている感じはある。

 

体調の影響

好みが分かれる。酔いやすいかと言うとそういう感じでもなく、悪酔いしそうかというとそういうわけでもない。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69