八巻「仲 純米酒」の味|藤・ユリ系の花の蜜っぽい香りと味に酸味・甘味バランス型のおすすめ日本酒

八巻|日本酒

八巻「仲 純米酒」は、藤の花やユリの花っぽい上品さを持つ花の蜜っぽい香りと酸味、甘味がバランスよく含まれていて、わずかに乳酸、クサミはなく、ほどよくアルコールがあるがマイルドで酔いにくく、気持ち晴れやかな時に飲んで欲しい玄人向けにベストな日本酒。




八巻「仲 純米酒」の詳細

商品名仲 純米酒
メーカー八巻酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:15度

精米歩合:65%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★★★(+6)

※感想は個人の主観です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has white flower aroma, for example sweet and acidity from wisteria or lily, mild moderate alcohol, beautiful mild flowery acidity.

【SAKE Taste】

It tastes like elegant mineral flower sweet and mild acidity, very little lactic acid, sweet taste only on the tongue, balanced mild alcohol, balanced grain rice taste.

テイスティング・メモ

八巻「仲 純米酒」の香り

藤の花や、ユリのような洗練された繊細そうな花の蜜っぽい気品ある感じの酸味を感じる香りに、やさしくアルコールの香りが混ざっている。少しこもった感じで、ほどよい酸味系の花っぽい香りがきれい。

 

八巻「仲 純米酒」の味

口当たり「花」で、華やか、上品、ミネラル感あふれる水・アルコール的な感覚で、舌の上でのみその控えめな甘さが感じられて、甘味が舌の上、少し奥でじんわり残る。

 

飲む瞬間に、漂う香りと口当たりの華やかさが一致していて、クセも嫌な感じもせず、飲み込むときには、山梨らしいクセもそれほどなく、ちょうどいい気品ある甘さで若干の穀物感を残して、喉を通過していく。

 

八巻酒造ってこんなにきれいな日本酒だったっけ…?と価値観の基盤を壊して突き抜けていく、とんでもなくおいしい日本酒でした。

 

八巻「仲 純米酒」の色

薄めきったはちみつのような淡黄色で、銀系なのに、ゴールドっぽい。

 

体調の影響

常温で空腹時に飲んでもOK。なんなら飲んだ。お酒っぽさはあるけど、あんまりクセもなく、スッキリ飲みやすく、コスパも良いなんてとんでもなくヤバい。

 

素人にはクサミを感じる味わいだと思うけど、この渋味や雑味はとんでもなくバランスが取れていてすごい。

 

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家