お酒は二十歳になってから

笹一「五百川 純米吟醸」の味|金平糖の形の味・香りの粒子をシルクで包んださくらんぼのような日本酒

笹一「五百川 純米吟醸」は、まるで絹のように、さくらんぼ等のフルーツの果肉部分の香りが漂い、金平糖の形をした味の粒子が絹に包まれ、酸味と甘みと旨味がバランス良く舌に染み込んでいくような味わいがした日本酒。少し酔いが回りやすいような気がしました。




笹一「五百川 純米吟醸」の詳細

商品名五百川 純米吟醸
メーカー笹一酒造株式会社

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:16度

精米歩合:60%

原材料名

米(五百川米)、米麹

公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

笹一「五百川 純米吟醸」の香り

密度の低い絹やほぼ透けている和紙のような軽やかな香りで、新鮮なさくらんぼやライチのような雰囲気が少しあり、さくらんぼのお家の中に住んでいて香ってくるフルーティーな精油の香りのような、そんな自然に香る心地よさがある。

 

笹一「五百川 純米吟醸」の味

とろみが強く、辛口を思わせるちょうどいい酸味が舌にもよく染み込む。酸味が染み込むのと同時に、瑞々しいさくらんぼとか巨峰のぷにぷにした所みたいな柔らかさと、お米の独特の風味と甘さ・旨味が一緒に舌に染み込んでくるので、辛口なのに甘口を装っている感じがする。

 

口当たり、甘く、まろやかだが、金平糖のようにトゲトゲした甘さの塊を絹の薄い布で包んでいるような感じで、とても上品。どこぞのお姫様の羽衣みたいな印象で、酔った感じがふわふわして、まるで本当にふわふわ飛んでいけそうな(大丈夫か?)感じもする。

 

笹一「五百川 純米吟醸」の色

ピンクゴールド系の色が混ざった淡黄色で、割とサラサラしているけど、アルコールのとろみもちゃんとある。

 

体調の影響

無理な酔い方をしないくらいの酸味と旨味のバランスがあるので、いつ飲んでもいいと思われる。ただ、染み込んでくる日本酒っぽさが強いので酔いが回るのが早く感じる。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69