お酒は二十歳になってから

笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」の味|青りんごフルーティー香に甘味系ずっしりバランス型日本酒

笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」は、青りんご系フルーティーなミドルノート系香りに、口当たり旨味、舌で炭酸ぽさ、甘味と酸味バランス型、口で泳がせるととろとろ系シロップの甘さ重視の味に変わる魅力的で高級感ある日本酒。




笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」の詳細

商品名旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY
メーカー笹一酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:17度

精米歩合:55%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」の香り

フルーツ系、青りんご、パイナップル、ライチっぽい果物の果肉部分のような香りで、香り立ちは弱くミドルノート強めの印象。主張はあまりない感じで爽やか、華やかで、豊かな作物が作れる雪山をバックに抱えた宮殿を見ているような高級感を感じる香り。和風ではない。

 

笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」の味

一口目で響くのは生原酒らしい醪と米の旨味、ちょうどよい酸味で、お米のおいしさの粒子が舌にしっかり定着していき、若干ザラザラ感がある。口に含んでコク、まろやかさが主張し、生原酒なため若干炭酸系シュワシュワがあり、唇に残る甘さが個性的。

 

華やかで香りは主張しなかったけど、味はしっかりすべての旨味・甘味・酸味を抱えていて容赦なく口の中に残る。口に含んだ瞬間の舌で感じる炭酸感が爽快、時間が経って口の中で泳がせるとシロップ系のとろとろした液体になっていく変化が魅力的。

 

温まってくると舌の表面で渋みが出てくるが、この渋みが美しい渋み。嫌なものではなく、日本酒としての旨さの本質かもしれない。

 

笹一「旦 純米吟醸 無濾過生原酒 02BY」の色

淡雪色というか、生原酒っぽいこもった感じの爽やか系淡黄色。若干の泡がグラスにつく。

 

体調の影響

結構甘い。酒臭さがなく「飲みやすく、旨い」系の味わいに締まっている。口の中で転がしてると甘々のシロップになるので早めに飲み込みたい所。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69