井出「甲斐の開運 吟醸」の味|乳酸りんご系の香りとバランス型はちみつ系甘味と酸味がある安定感ある日本酒

2021年10月9日井出|日本酒

井出「甲斐の開運 吟醸」は、乳酸系のりんごフルーティーさがある香りで、味もがっつり全体的にやさしい乳酸系、かつ、バランス型のはちみつ系こもった甘味と乳酸系の酸味が共存して、人と好みを選ぶけれど、苦手と感じる人でも飲めるフラットさがあっておもしろい学びになる日本酒。

テイスティング・メモ

井出「甲斐の開運 吟醸」の香り

り、んごではなく、若干乳酸発酵が進んだようなりんごっぽさ、または、エタノールの花が咲いたかのようなアルコール感たっぷりで少し甘さやまろやかさがあって、豊かな香りはするけどフルーツ系の香りではなく、花でもなく、不思議な香り。ナッツっぽい脂質感があるといえばあるかもしれない。

English SAKE Review

【SAKE Aroma】

It has lactic acid and apple aroma, for example flower of mild ethanol, apple with lactic acidity, moderate nuts aroma a little.

【SAKE Taste】

It tastes like so many minerals grain rice sweet, lactic acid everywhere, mild moderate sweet like honey water, little balanced sweet and lactic acid.

井出「甲斐の開運 吟醸」の味

口当たりから乳酸系、米っぽくミネラル感あふれる味わいで、純米酒のような印象があるけど、吟醸らしい。甘味はこもった薄いはちみつ系で、ほとんど糖分を感じないけど、甘さが口の中にはあるから、甘味を感じた気がする程度の甘味。

 

薄まったヨーグルトや乳酸の酸味がこもった感じで存在していて、それ以外の味がない。ある意味珍しい味わいで、木質さは一切なく、きれいに薄まったヨーグルト乳酸っぽい。

 

井出「甲斐の開運 吟醸」の色

薄めのはちみつ系の、少し銀系淡黄色で、こもった黄色にも見える。

 

体調の影響

まずくはないけど、人に勧めはしない味。乳酸系のこもった酸味と、蓋がされている甘味があり共存してるので、純米酒か本醸造…と言われてもわからないかもしれない。精米歩合にしてはおいしいし、割と欠点は少なめ。味の好みの問題。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

にほんブログ村 酒ブログへ

井出「甲斐の開運 吟醸」の詳細

商品名甲斐の開運 吟醸
メーカー井出醸造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:14~15度

精米歩合:60%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

スポンサーリンク

Posted by 日本酒愛好家