お酒は二十歳になってから

笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」の味|若い青りんご系吟醸香に酸味・旨味・わずかに渋みありのバランス型日本酒

笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」は、香りも味も若くて青いりんご系をベースに、味・香りのキレがちょうどよく酸味の浸透が強めで、ほんの少しだけ渋み、米由来の旨味が全体的に存在していてバランスの良い人生初にもおすすめの日本酒。




笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」の詳細

商品名旦 山廃純米吟醸 愛山
メーカー笹一酒造

アルコール度数

精米歩合

アルコール度数:17度

精米歩合:50%

原材料名米、米麹
公式サイト 
個人的な評価★★★★☆

※感想は個人の主観です。

 

テイスティング・メモ

笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」の香り

控えめでやさしい小さめに実って熟したようなりんごのような吟醸香があり、香りの立ち上がり方はトップノート強め、最初はしっかり香りがあるけど、すぐに立ち消えていく感じ。

 

甘さと瑞々しさがあるが、香りが控えめですぐに消えるので印象は弱め。その分、きつさや辛そうな感じはなく、嗅いでいても不快にならない。

 

笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」の味

口当たり軽く、わずかに酸味がある味わいが最初にきて、まろやかさが舌を包む。酸味ある爽快な味わいのあと、米の甘さを舌の両端で感じて、途中米の渋さがほんの数%感じられるけど、ほとんどが酸味と米の旨味に支配されている。

 

水っぽいともいうかもしれないが、クセはあまりない上に、しっかり米の旨さや渋さが舌に浸透するので、ちゃんと飲んだ感はあり、最後にアルコールっぽさを感じられる。酔いの回り方はそこまで心配なく、さっぱりと軽い飲み口なので人生初日本酒でもおそらく大丈夫。

 

最初の口当たりや舌へのアルコールの触れ方が割と慣れている人向けな感じなので辛口と感じる人もいるかも知れないが、飲み慣れている人にとってはとにかく軽口でバランスの良い日本酒になっている。

 

笹一「旦 山廃純米吟醸 愛山」の色

明るめに調整されたような金をまとっている淡黄色(ルチルクオーツ系の色)。

 

体調の影響

りんごやマスカット系のふわっとした香りと味がほぼ感じ方が同じ感じで出てくるので違和感はない。度数の割に飲みやすいので酔い過ぎ注意。

 

スポンサーリンク

Posted by drinker69